「クビシメロマンチスト」(西尾維新)あらすじ・感想評価

「クビシメロマンチスト」(西尾維新)あらすじ・感想評価

 

ジャンル ライトノベル

オススメ度 ★★★★★

●こんな人にオススメ●
・ミステリー好き
・西尾維新が好き
・言葉遊びが好き

 

「人を殺した人間はたった一人の例外すらなく地獄の底辺にまで
堕ち沈むべきだ」

京都にて,連続通り魔事件が発生しているらしい.

僕は知らなかったのだが,葵井巫女子ちゃんがすごく高いテンションで教えてくれた.

その流れで強引に誘われた,江本智恵ちゃんの誕生日会

発生した新たなる殺人事件.

そんな中出会った,人間失格・零崎人識

殺人事件と彼との関係とは.

僕は,事件の真相を解き明かすことができるのか.

そして,解き明かした先に待つものとは――

 

 

『クビシメロマンチスト』は,<戯言シリーズ第2弾の作品です.

あくまで私の主観ですが,戯言シリーズ全作品のなかで1番面白いと思います.

面白いのはもちろんですが,読後の切なさが何ともいえないですね.

そして,この巻で登場する零崎人識は,今後のシリーズにも登場する重要人物です.

いーちゃんとの関係性が私はとても好きです.

そしてなにより,巫女子ちゃんです.

彼女の一途さがもう可愛くてかわいそうで……

興味がある方は是非読んでみてください.

 

 

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社文庫)

新品価格
¥896から
(2018/9/4 14:05時点)