「天空の蜂」(東野圭吾)原作の感想・評価 ネタバレなし

「天空の蜂」(東野圭吾)原作の感想・評価 ネタバレなし

 

ジャンル 小説

オススメ度 ★★★★☆

●こんな人にオススメ●
・東野圭吾好き
・すべての大学生・社会人
・ハラハラしたい

 

「このまま時間が経てば,ヘリは墜落することになるだろう」

高速増殖炉「新陽」が人質にとられた.

ヘリが乗っ取られ,新陽の上をホバリングしている.

犯人の名は<天空の蜂

彼の要求はなんと,現在稼働している全ての原子力発電所を使用不能にすることであった.

どうにかして安全な場所に墜落させようという意見も出たのだが,確認したところ犯人はヘリを遠隔操作しているらしい.

それどころか,ヘリには子供が乗っているという.

絶対に墜落させるわけにはいかない.

犯人の正体はいったい誰なのか.

そして,子供を救い出すことはできるのか――

 

 

 

私が大好きな東野圭吾さんの作品です.

今作は,原子力発電所をテーマとして扱っています.

小説のテーマとしては少し普通のものとは毛色が違いますね.

小説としては多少分厚いですが,それが気にならないほどの読み応えです.

どれだけ早く,どのように子供を助け出すか.

自衛隊の奮闘がとても熱いです.

純粋に興味がある方も,原発問題に関心がある方も,是非読んでみてください.

そういえば,映画化もされましたよね.

そっちの方は視聴できていないのですが,面白いんですかね?

 

 

天空の蜂 (講談社文庫)

新品価格
¥643から
(2018/9/5 10:40時点)